カードローンの在籍確認について

電話カードローンの在籍確認というと、何か嫌なもの、できれば避けて通りたいものという考えを持っている人が多いのではないでしょうか。いろいろな体験談をみてもそのようです。だいたい、お金を借りているということが勤務先に知られたり、あるいは明確に知られることがなくても噂になったりするかもしれないという気持ちは分かります。いくら、電話では消費者金融の名前は名乗らないとか、銀行名で名乗ってくれるとは言っても、勘の鋭い人とか、今までに自分もキャッシングしたことのあるような人であればピンと来てしまうようなことは十分に考えられます。
そうなると、もちろん確信はなくても勝手に噂が立ってしまうようなことは、もう自分ではどうにも止めようがないというわけです。確かにそれはそのとおりで、このような噂が立つようなことを完全に止める良い手立てが何かあるのかというと、残念ながら厳しいといわざるを得ません。仮に自分自身が電話を取ったところで、本人確認のために生年月日や住所を言わされるようなこともありますから、どうしていきなり自分の生年月日や住所を言っているのか、奇異に思われてもそれは止むを得ないでしょう。そうなると、それこそ経験のあるような人にとっては、これはキャッシングの申込みかもしれないと勘付くようなことは十分あり得ることです。それを避けたいというのはかなり厳しい相談だということは分かるでしょう。
結局のところは、そのような噂ははなから全く相手にしないか、もし直接指摘されたような場合に適切な返事ができるようにしておくくらいの方法しかないでしょう。最もよくある言い訳としては、クレジットカードの申込みだというようなことが考えられます。実際、クレジットカードの申込みの場合も同じようなことがあるためで、クレジットカードを持つことは社会人として全く恥ずかしくないというか、むしろ当たり前のことですので、堂々とした言い訳に使えるはずです。