カードローンの返済について

カードローンでお金を借りると、当たり前のことですが借りたお金はいずれは返さないといけません。しかも金利をつけて返さないといけないのです。いくら金利がかかるのか、あるいはいつ返さなければならないのかというのは決まっていて、カードローンの契約書などに記載されているはずですから、一度は目を通しておきましょう。ただ、金利については、別に自分でいくらになるのか計算したりする必要は一切ありません。キャッシング会社が自動的に計算してくれるというか、返したお金の中からどの分が元本でどの分が利息なのかというのを自動的に振り分けて計算してくれるようになっているからです。
ということで、具体的に気にしなければならないのは、いつ、どれくらいの金額を、どうやって返済しなければならないのかということです。もちろんこれは個々のキャッシングによっても異なりますので正確なところは先ほど挙げた契約書を読んでもらう必要があるのですが、基本的には以下のようになっています。
ATMまず、いつ返すかというと、毎月の決まった日までにということになっています。その期日までに返さなければなりません。次に、いくら返すのかとなると、最近ではリボルビング払いが普通となっていて、借入残高に応じて変動はするものの、基本的には毎月決まったお金、例えば1万円など切りのよいお金を返済することが求められるようになっています。この中から、元本の返済にあてられる部分と、利息の支払いにあてられる部分とが自動計算されて振り分けられるのです。
続いて、実際にどうやって返済するのかということですが、これはATMを利用して約定返済する場合が多いようです。その金融機関、あるいは提携している金融機関のATMを利用し、ちょうど自分の銀行口座にお金を預け入れるようなイメージで返済をすることができます。その際、ご利用明細が発行されるはずですので、その明細で確認しておきましょう。